光通信ネットワークとインターネット

回線インフラの役割と光ファイバ技術

NTTについては、VDSL型はSS方式です。au及びKDDIについては、NTT光回線利用の時はダークファイバーです。自前の光回線利用の事例はよくわかりませんが、おそらくNTTと同じだと思います。直営のアパート型は逆様にPON方式利用が大多数を占めますね。光線ネクストのハイスピード型のボランティア幕開き後は、経費低減の為にベーシック型からの品目改定が非常に多いです。相似メディアコンバータについてはよくわかりません。

通信用のガラスファイバー(石英ガラス)とすると最終的に両際は必ず、レーザーダイオード、電気シグナルを近赤外線レーザーの光線の強弱に変質する電子デバイス、フォトダイオード、光線の強弱を電気シグナルに変質する半導体デバイスに連絡されています。

遠距離の電送路では融着、すなわち、光ファイバー同君を高温で融かして連絡します。末際の機器の近くでは公用のコネクタを活用します。

差し渡し数十μという小さなケーブルをつなぐ技能が樹立しているのでか。ほぼ樹立しています。コネクタに関しては、低費用化と低損化の両等で開墾が進められていると思います。

融着については20年以上過去は「職人芸」でくっつけていたのですが、1990年以後では「自動融着きっかけ」が流布してどの人でもたやすいに融着可能になりました。

そのとも、際を光線半導体で一旦電気シグナルに置き換えまたそのをレーザー光線に置き換えて次に進ませるのですか?だとするとその変質ペースが問題になったりしないのですか。いいえ、光線を増幅する際にはファイバーアンプを使うのです。光ファイバーで超高速通信をする際減衰よりも拡散よって光線のパルスがなまる等が問題になります。

光線のパルスはパワーが時間軸に対して矩型波浪であるのが理想ですが電送途上で、徐徐に矩型波浪ではなくなってしまうのです。20年ぐらい先だったと思いますが、エリビウム添加ファイバーという大発明があり光線直直に増幅するわが可能になりました。

日経に関連する光ファイバ企業群

NTTはもともと相当の法曹界独り占めをしていたので、法曹界内の競技を高めようと、在所がNTTを分社したいきさつがあります。ですので、ドコモと一定通信のフレッツ光線は別会社なので請求をまとめるという体裁は、できないようになっています。

NTTが分社化されて通信法曹界は消費者が奉仕を選定できる健全な競技組織になってきたいきさつがあります。しかし、本日フレッツ光線は光線ブロードバンドとして独り占め的なシェアを築きました。そしてau光が持参との通算割引きによって、その片隅を崩してきています。

ふたたびNTTは、独自のインフラの優位性によって独り占めするにに分社した者をまとめるという動きをしておりそのような動きに対して競合があべこべをしているのです。

ドコモもフレッツもシェアは1位で、NTTは一定テレフォンの流布もダントツですから、その優位性を活かすというのは有利すぎと言えるかも知れません。

KDDIは体を削って安くして株価も下がるほど思いきった安さにしましたが、NTT(フレッツ)がドコモと組んで同じ物事をやったら相当独占性の高い者となります。

NTTの売る代理店の営業マンであるねは誤りないです。彼らは近郊や郷土のお年寄や個経営主などをターゲットにローラ企みをおこないます。代理店誓約内でコミッション可能な府であれば、結構遠くまで遠征しますよ。

訪ねる営業は指定商取法でも厳しく統制されてきていますので、曖昧なインフォメーションの普及による営業は商法違憲になります。ただ、取締りが厳しくなってきているのはここら分量年であるのに対し、テレフォン系のセールスマンは長年このような形できていますので、わざと変えない人柄もいますし、変えられないというか、まっとうな営業仕方とか指導を受けていない人柄が多いのです。

関係者しか知らないかもしれませんが、NTTの放置営業は、他業種と比べても目に付くくらい酷いもんです。NTTと代理店誓約する1次店と孫請けである2次店まではNTTも把握していますが、さらに孫請けする3次店や、自由ランス誓約の営業マンも多分量所在し、NTTも掌握していないのが実情です。

その他にも”NTTの連(方向という意義)から来ましたとか”というのもはやりましたし、”NTTのテレフォン保守できました”といって作業着で来る営業マン災いてのもはやりました。IPテレフォンの先は”このエリアがデジタル収容になったせいかお客様のテレフォンでは・・・”というのもはやりました。困ったねにそんな営業を1次店の人の通ったカンパニーでさえおこなってたりする。

「NTTに問い合わせますよ」といっても彼らは堂々とした物です。実際に正規の代理店だったりするんで、問い合わせてみてもNTTは正規代理店であるねを認めるだけ。営業トークを問いても、”誤りは言ってません”としか教えてくれません。NTTにしても1次店は一大事な営業パートナーであるせいか、ちょっとくらいのねでは大抵かばってしまうのです。

再編以後、NTT自体の営業受付を大部分封鎖してしまいましたので、彼らに頼らざる得ない状態なのでしょう。NTTが怖いのは消費者打ち合わせセンターと演出家省庁だけですから、”文句ですよ”と断ったすえで実態を話せば、姿勢を変えてすぐに収拾はしてくれます。

考えられるのは、2009年からNGNを部分的に奉仕インする所定であるねと、将来的には存在テレフォンをことごとくNGNに切り替えている所定であるねです。NGNとは、80年代にニューメディアとか騒いで日本全土ISDNに切り替えようとして失策に終わったアレを、○度目の馬鹿正直といった都合にNTTが再発させている構想です。

「NGN=光線テレフォン」と心得違いさせる露天商トーク(実はセールスマン本人も心得違いしている)もよく目撃しますが、NGN≠光線テレフォンで、NGNが実際に奉仕インした端には光線テレフォンは吸収されるか解消されるプロバビリティーがあります。あるいは2009年までに総IP化する構想もあるのですが、あれは全所帯をIP化するのではなく、NTT局内の交換機をIP化する構想にすぎません。そういった報道を心得違いさせた営業トークじゃないかとおもいます。

また、ユニバーサルサービス料でもテーマになっているように、離れ島や過疎地などにも全土一様の奉仕を提供する主義を2009年その後打ち切るねを検討しています。そういった報道と混同させるような雑報なのかもしれません。

またまた、日経新聞というと、普段読まない人柄には確度の高い理財向け新聞という感じを持つ人柄が多いですが、概して紙に比べ青臭い雑報が多いのが実態で、特に日曜1面雑報や、新製品報道などの事業系雑報はガセが入るねが多いねでも知られています。私も日経雑報を信じて恥をかいた見聞が何度もあります。

営業マンが見せた雑報自体、若いキャスターのガセに近いフライング雑報だったかもしれません。個的には、光通信テレフォンはお年寄所帯には向かないと考えています。ましてインターネットを活用するかも分からない所帯には無益の長物です。近日は光回線になっていくと心得違いしたり心得違いさせられたりする事例が多いのが遺憾ですが、NGNが実現するかどうか分かりませんし、今の光線テレフォンやBフレッツがNGN実現の端にどうなるのかは全くの未断定です。光線テレフォンの将来性を考えて少々高い活用代金を辛抱する災いてバカバカしい以上です。

3年後はどうなっているか分からない財界ですので、現時点で自己満足できるかどうかだけを重んずるして選んだ連が良いです。


since2010 © R. Roberts Gallery